« 貴志さんの場合 | トップページ | 車をぶつける »

2011年1月22日 (土曜日)

良雄さんの場合

良雄さん(仮名)は悩んでいる。

友達が多い良雄さん。明るい良雄さん。

良雄さんは、そんな風に言われることが多い。

実際、友達の間で一番人気があり、良雄さんの周りにはいつも笑いがあり、人が集まっている。

それでも、良雄さんは、自信がもてない。自信が持てないというより自分の性格が好きになれない。

良雄さんは、自分の嘘をついて生きていると思っている。

それも、とっても上手に。あまりにうまい嘘なので、誰も気づかない。

本当の良雄さんは、明るくないと思っているし、友達といわれる仲間が好きじゃない。

でも、それとまったく逆の行動や、言葉が口からでる。

よくそんな嘘がつけると自分では思うほど、いい人のふりをする。

そんな自分が大嫌いだから、一人になるのが怖い。それで、つい、思っていることと反対のことを云っている。

それで一日が終わると反省をする。

明日こそは、自分に正直になろうと決心して寝る。

しかし、朝が明けるとどうしても本当のことが言えず、暗い心のまま明るい声で「おはよう」をいっている自分がいる。

|

« 貴志さんの場合 | トップページ | 車をぶつける »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 貴志さんの場合 | トップページ | 車をぶつける »