« 飽和 | トップページ | 良雄さんの場合 »

2011年1月21日 (金曜日)

貴志さんの場合

貴志さん(仮名)は自分に素直だ。

話をしていると相手のことを思ってしまう。

ああ、このままではこの人は困るだろうと思うと率直に自分の意見を伝える。

そうすれば、その人が困らないだろうと考える。

ところが、

相手からは、嫌な顔で見られたり、逆に文句を言われたり、時には喧嘩になったりする。

いいことをしているのに、その反対になることの理由がどうしてもわからない。

見て見ぬふりをしたり、人のことなんか関係ないような態度をしている人がいい人で、自分が悪者になる理由がどうしてもわからない。

それに、集団になってくっついて、なんでも一緒にする友達がいるが、あれは本当の友達じゃないと思う。

あるひ、友達に聞いてみた。

ぼくのどこが悪いの?

すると、

「お前は本当のことを言い過ぎる」と云われた。

でも、貴志さんは、どうしても嘘をつくことができない。

しょうがないから、このまま正直に生きようと考えた。

でも、これが自分の本当の気持ちかどうか悩んでいる。

|

« 飽和 | トップページ | 良雄さんの場合 »

ゆれる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飽和 | トップページ | 良雄さんの場合 »