« 論文を書くことの意味 | トップページ | 僕の好きな先生 »

2010年12月31日 (金曜日)

ニート

少年に、「ニート」と言われた。

少年とは、息子のことです。

少年の概念は、まあ、青年になる前ということです。

ニートは、少年の概念では、遊んでいる若者のことです。

しかし、父親は遊んでいるが、若者ではないので、その返事に困っている。

父親は遊んでいるのだろうかということを考えています。

遊びとは、自分の好きなことをして時間を有効に使うということだとすると、たしかに、そうです。

また、しっかりしている父親とは、朝、同じ時間に起きて、背広を着て、明るく挨拶をして、黒い鞄を持て、電車に乗って、会社に行くサラリーマンを想像すると父親は全く違います。

朝、遅く起きて、パジャマで、バランスボールに乗ってストレッチをして、それから朝の連続テレビ小説を見て、ゆっくりご飯を食べて、電車にも殆ど乗らないで、会社にも行かないで、サラリーマンでもない父親は、どう見ても遊んでいるようにしか見えないのでしょう。

それに、大学院に行き、論文を書いているのでは、もう、許せないという、君の、その気持ちはよくわかります。

|

« 論文を書くことの意味 | トップページ | 僕の好きな先生 »

ゆれる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 論文を書くことの意味 | トップページ | 僕の好きな先生 »