« 負けること | トップページ | プレシャス »

2010年10月 8日 (金曜日)

心地よくゆらぐ

尾崎新氏は逝ってしまった。

本棚には、「ゆらぐことのできる力」・「対人援助の技法」・「ケースワークの臨床技法」が並び、尾崎先生から紹介された、鷲田清一、R・Dレインが向かい合っている。

春に立教に伺い、その後の酒席にもおとなしく座っていた。

論文の指導に伺いたいとメールを入れると、何ができるか考えましょうと、すぐに返事を頂いた。

数年前、援助関係のワークショップで、誰からともなく始まる物語を黙って聞き、合間に入るコメントは、力が抜けていて、なんともいえない味を感じた。

その時書いていたボツ原稿40枚ほどをみせると、「へー」とやさしい目で読んでくれた。

先生は、レインの"いっぱいのお茶"の話をしていた。

僕にとって先生との出会いは、その茶だったのだろうと思っている。

|

« 負けること | トップページ | プレシャス »

ゆれる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 負けること | トップページ | プレシャス »