« 夕方の匂い | トップページ | 空化 »

2010年9月18日 (土曜日)

ミャーオ

花子さん(仮名)が、口を尖らせミャーオとないた。

もしかしたら猫の泣きまね?

そうおもって、「もう一度」とリクエストした。

しかし、「だめよ、(モグモグ)」と、やってくれない。

そこを何度もお願いして、手を合わせ、ミュー、ミャー、ニャーと何度も猫まねをして誘う。

すると、「ミャーオ」とないてくれた。

やはり、猫らしい。

その猫は、昔の猫だ。

いまも猫とは鳴き声が違う。

花子さんの「ミャーオ」を聞くと、幸せな気分になれる。なんだか生きていてよかったと思える。

花子さんの中には昔の猫が住んでいるのだろう。

しかも、もう90年以上前からね。

|

« 夕方の匂い | トップページ | 空化 »

成年後見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕方の匂い | トップページ | 空化 »