« 眼鏡とかつらをかぶる | トップページ | そんな時には »

2010年7月29日 (木曜日)

声で想いだす

消え入ることで生きはじめることもがある。

と、北山先生は言い残して、教壇を去っていた。

マスでのコミュニケーションは本当を語れない。プライベートなコミュニケーションは、旅の途中で沸き上がる想いのようなものだという。

番組の後半下手な唄を聞いていて突然学生時代の苦しい思い出が沸き上がってきた。

映像より、香りが、声が何かを想いださせる。

|

« 眼鏡とかつらをかぶる | トップページ | そんな時には »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 眼鏡とかつらをかぶる | トップページ | そんな時には »