« インタビュー6 | トップページ | 見つからないことの重要性を見つける »

2010年5月21日 (金曜日)

一週間は日曜日からはじまる

土曜日にその週を振り返るようになって1年が過ぎた。

というのも、毎週土曜日の朝、振り返りグループに参加しているからだ。

振り返る人は、今年は25人いる。

みな、いろいろな思いを抱えて生きている。その人の人生をかいま見ることができ、人間の数だけ、振り返る方法が違っている。

それにしても、何を想いだすかより、何を想いださないかが面白い。

それに、思いだすことを語るわけではなく、語らない、語れない物語の中に本当の自分を見つける。

つまり、語れないけれどしっかり想いだしている事柄のいかに多いことか。

つい、一人で笑っていたり、情けなくなったり、泣いたりする。

でも、それは決して言えないことだ。

そう考えると、人は、語らないことによって出来上がっているのかもしれない。

ああ、あの人もこの人も、語っていることの数倍は語れないことを抱えていると思うと、しみじみする。

|

« インタビュー6 | トップページ | 見つからないことの重要性を見つける »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インタビュー6 | トップページ | 見つからないことの重要性を見つける »