« 雪が降る | トップページ | 表情がこわばる日々 »

2010年4月18日 (日曜日)

いい夢をみた

ジェームズ・テイラーのギターを聞きながら眠ってしまった。

いいぬ夢をみた。

あったかい春の陽差しの中にいた。

キャロル・キングのハスキーな声は、70年代を想いだす。

うたが好きだということが伝わる。それ以上に歌うことが好きなんだろう。

歌の上手い人は沢山いるだろう。いい曲も沢山ある。しかし、歌うことで人を幸せにできる才能は、声や曲ではなく、歌う人の存在だと思う。

そういう意味では、4000人の観客は皆幸せな顔をして会場を後にすることができた。

|

« 雪が降る | トップページ | 表情がこわばる日々 »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪が降る | トップページ | 表情がこわばる日々 »