« タヌキは芸術家だ | トップページ | 認知 »

2010年3月27日 (土曜日)

立ち続ける

ボブディランのことを書くには、あまりに知らないことが多い。

しかし、彼の生きている時代と平行して生きてきたので、そのメッセージとビートは僕の身体にあることは、その音を聞きながら確認することができた。

舞台に上がった彼は、ギターを持つこともなく、オルガンをたたき、自分の生き方を見せるように詩を語る。

これは歌なのだろうか。

それとも、なにかのメッセージか。

その意味は、同じフロアに立ち続ける3,000人の一人ひとりにあるのだろう。

アンコールが終わると、彼は舞台の前で観客を睨むように、「どうだい」と言っているようにみえた。

その突き離された眼差しが痛い。

|

« タヌキは芸術家だ | トップページ | 認知 »

あそび」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タヌキは芸術家だ | トップページ | 認知 »