« 補完 | トップページ | 先輩から「ここに来ている障害を持った人たちから、私たちは給料をもらっているんだよ。利用者さんを大事にしなくちゃいけないんだよ」と言われました。を考える »

2010年1月 5日 (火曜日)

補完

レインの話しでした。

レインは、「女性は子どもがいなくては母親にはなれない。彼女は、自分に母親のアイデンティティーを与えるためには、子どもを必要とする」と述べている。

こうした、私とあなたの関係性の中で、一方が与え他方が受け取る関係であり、一方の人間が行動を起こし、他方がその行動にしたがうことを選んでいる関係を補完性と表現した。

レインは、他者に従う自由として、「それによって自己を他者が充足させたり完成させたりするような人間関係の機能」として補完性を言っている。

今日、クライエントの家に車を走らせた。

クライエントの生活を確認することが目的であった。しかし、別の見方をすれば、クライエントと合うこと、クライエントとの時間を共有する必要を私が感じ、私が部屋に入り「おめでとう」という言葉を発することをクライエントが待っていたのかもしれない。

私の行動は、私が決めているようである、同時に、クライエントが私の行動を補完しているのかも知れない。

また、少年(息子のこと)と私の関係はどうだろう。

彼の行動は予測ができにくい部分と、私の行動によって動いているところがある。

食事中、父親が少年の食べ方について文句を云っている場面を想像してほしい。少年は目の前の父親を見ている。父親は少年との関係を築きたいので何か云うべき事柄を探している。それを少年は察知し、それに反応するべく行動を起す。

レインは「身ぶり、行動、感情、要求、役割、アイデンティティーは、それに対応する他者の身ぶり、行動、感情、要求、役割、アイデンティティーの補完物である」と云う。

補完で大切なのは、与える力と受け取る力を同時に感じることだろう。

レインは、赤ん坊に授乳するときの母親と赤ん坊との関係を例に挙げている。その乳房を「しあわせな乳房」と呼び、「しあわせな乳房とは、与えるとともに受けることのできる乳房である。取ることが与えことと相伴うのである。取る行為が同時に与えることになり、与えることが同時に取ることになる」。

この補完性は、クライエントから報酬を貰う開業ソーシャルワーカーの行為にも云えるのだろうかということを今考えている。

(ミド君、回りくどくてすみません。)

|

« 補完 | トップページ | 先輩から「ここに来ている障害を持った人たちから、私たちは給料をもらっているんだよ。利用者さんを大事にしなくちゃいけないんだよ」と言われました。を考える »

ゆれる」カテゴリの記事

コメント

いいえ、よくわかりました。

赤ちゃんにおっぱいあげるのってホント幸せなことなのです。

毎日さまざまな障害を持った人たちと接しながら、いろんな事と考えさせられています。

新年一発目に先輩から「ここに来ている障害を持った人たちから、私たちは給料をもらっているんだよ。利用者さんを大事にしなくちゃいけないんだよ」と言われました。

学生時代に無償のボランティアしながら子ども達からいろんなこと学び、リーダーどうしがお互いに刺激しあって泣いたり笑ったりしたことって、相互のいい関係の上に成り立っていたんですよね。

だけど、長い人生やってると一方通行とか片思いも多くて、なかなか上手く生きていけないものです。だからこそ、バチっと火花が散るほどすてきな瞬間が必要になるんだよね。家族でも友だちでも利用者さんとも「あっ」と思える瞬間を期待しつつ今年の歩みを始めたいと思います。

投稿: ミド君 | 2010年1月 6日 (水曜日) 12:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 補完 | トップページ | 先輩から「ここに来ている障害を持った人たちから、私たちは給料をもらっているんだよ。利用者さんを大事にしなくちゃいけないんだよ」と言われました。を考える »