« 講演案内 | トップページ | 昼間のビールはうまい »

2010年1月31日 (日曜日)

日向ぼっこ

久しぶりに自転車で武蔵五日市方面に出かけた。

瀬音の湯につかりまったりし、カキフライを食べながら生ビールを飲んだ。

帰り道、多摩川沿いを走っていたら、日向ぼっこしている高齢の女性がいた。

どうして、日向ぼっこをしていたと分かったかといえば、彼女がそういっていたからだ。

「いい天気だね、日向ぼっこにはもってこいだ」とはっきりいい、おもむろに立ち上がり、シルバーかーを背中を曲げて押し、立ち去った。

おばあさん(多分そうだと思う)は、じっと木を見ていた。ずっと見ていた。その木に想い出があった訳ではないだろう。

でも、木を見てるいる姿は、日向ぼっこにはぴったりだ。

おばあさんは幸せなんだろうかと考えた。そんなことを考えても仕方がないのに、なぜかそう考えた。

それは、僕が幸せなのかどうなのか、少年が幸せなのかどうなのか気になっているからだ。

それからしばらく、おばあさんの座っている場所に座り、木を眺めた。

背中を丸くして、足を曲げ、両手で膝を抱えて、木を眺めた。

多分、道行く人は、「おっ、自転車乗りが日向ぼっこしている」と思っただろう。

でも、おばあさんお雰囲気はなかなか出せない。

|

« 講演案内 | トップページ | 昼間のビールはうまい »

ゆれる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 講演案内 | トップページ | 昼間のビールはうまい »