« 「見る」と「書く」との出合い | トップページ | 11月23日の夜 »

2009年11月15日 (日曜日)

Map of Narrative Practice

ナラティヴ実践地図 2009年マイケル・ホワイト 小森・奥野訳 金剛出版

問題の外在化

多くの人にとって問題は、「自己ないし他者の自己に内在する」と信じられてきた。

その問題を外在化=自己の外に出すことにより、内的理解の解毒剤となる。

ADHDと診断されたジェフリーとホワイトの会話が楽しい。

ジェフリーの世界にホワイトが入っていく。それは、ホワイトの世界=物語なのかもしれないし、ジェフリーの隠された世界なのかも知れない。

「君のADHDは何色?」と聞く。

その質問はジェフリーには届かない。

しかし、ホワイトが今まで出会ってきた大人でないことがジェフリーには伝わっている。

「君には弟がいるだろう?」

「クリスチャンだよ」

ジェフリーが反応する。

「君のADHDにも双子がいてね、そっちに会ったんだよ。2.3週間前に」と、物語は始まる。

もう、ADHDはジェフリーの内的な問題ではなく、ADHDという人格をもった存在となった。そのADHDが次第に様々な行動を起す。

そうすると、ジェフリーはADHDを客観的に観察し、自由に物語を書き換えはじめる。

私たちは頭が痛いとか、肩や腰が痛いとかいう。

ココにも、問題の内在化がある。

頭や肩や腰は決して痛がったりしない。私たちが痛いと感じようにしている。

脳は、なくなった手足でさえも、痒かったり、痛がったりする。

それがないにも関わらず、痛みを感じる。

問題は、むしろ私たち自身の感じ方、認知の仕方にあるのかもしれない。

リ・メンバリングとは、メンバーから外れた人を再びメンバーに戻す作業だと思う。

いなくなった人は存在が消えたのではなく、「いない」と感じる私の認知が問題を生み出す。いなくなった人も、物語の一部として私たちと同時代を生きている。

今、この時間も、隣に座っている。

|

« 「見る」と「書く」との出合い | トップページ | 11月23日の夜 »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「見る」と「書く」との出合い | トップページ | 11月23日の夜 »