« ばて気味 | トップページ | プール »

2009年10月 2日 (金曜日)

価値

「あなたが重要だと思う価値を10個書き、それも毎日眺めて、順番を検討するように」という宿題が出た。

宿題が出るなんて嬉しい。

それは、何かを期待されている証拠である。

だから、一番の価値は、「期待されること」にする。

そう考えていたら、指が痛いことを思い出した。最近、朝起きると指が痛い。痛いのは苦手だ。心臓が痛いと不安になる。お腹が痛いと悲しくなる。

だから、2番は「痛くない生活」とする。

そして3番は「生きていること」にする。

生きていることに幸せを感じる。

それだけでいい。

と、毎日、紙に書いた大切なものを眺めていると、自分がいかに小さな幸せを欲しているか分かる。

|

« ばて気味 | トップページ | プール »

ゆれる」カテゴリの記事

コメント

ガマ君へ
捨てる日を教えてください。僕が拾いに行きます。
ネックレスを拾います。
楽しい本を拾います。
携帯は、拾いません。
家は貰いますが、お母さんと弟は少し考えさせてください。
最後に、ガマ君どうしようか?
やはり
池に放してあげましょう。
蛙君より

投稿: さいとう | 2009年10月 4日 (日曜日) 23:43

何がいちばん大事なのか寝ながら考えました。
そうしたら、今朝、谷川俊太郎の詩が私の目にとびこんできました。


捨てたい

私はネックレスを捨てたい
好きな本を捨てたい
携帯を捨てたい
お母さんと弟を捨てたい
家を捨てたい
何もかも捨てて
私は私だけになりたい

すごく寂しいだろう
心と体は捨てられないから
怖いだろう 迷うだろう
でも私はひとりで決めたい
いちばん欲しいものはなんなのか
いちばん大事なひとは誰なのか
一番星のような気持ちで

投稿: がま | 2009年10月 4日 (日曜日) 08:59

以前テレビでそんな授業を見ました。はっきりと覚えているわけではありませんが、たしか、関西学院大学の藤井美和先生が死生学の授業で、学生に死の擬似体験をさせ、そして自分にとって重要だと思う事(価値ではなく人とか物だったような?)を絞り込んでいくとどう生きていくべきかよくわかる、というものだった気がします。紙にいくつか重要なものを書き、いらない物を破いていくという作業を通して、最終的に私にとって何が重要かがわかるというものだったと思います。私にとって何が一番価値があり、何が重要か自分をじっくり見つめ直さないと出来ない作業ですよね。

投稿: がま | 2009年10月 3日 (土曜日) 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ばて気味 | トップページ | プール »