« 専門家は理屈っぽい | トップページ | 背の高いあなたは今も大きい人 »

2009年10月17日 (土曜日)

悲しみは言葉にならない


     悲しみは言葉にならない 深すぎて
     喜びもしみじみと かみしめるもの
     ああ あふれる想いを
     空の雨に託して
     涙声でも 大丈夫
     胸を張れ

     ため息はつくもの 誰もいない公園で
     幸せを逃がさず そっとしのんで
     ああ 心の中で
     抱きしめたいと つぶやき
     花束高く 振ってます
     見えますか

     ああ 生木を引き裂く
     熱い痛みは 殺して
     つつしみ深く 涼やかに
     凛として

     燃えたぎる炎は 明日のばねにして
     気持ちはしるしだと そっと差し出す
     ひと言 〝おめでとう〟
     恩返しはいらない
     天気は曇りのちに晴れ
     のちに晴れ

     ああ 悲しい想いは言葉にならない
     深すぎて
     天気は曇りのちに晴れ
     明日も晴れ

     悲しみは言葉に 言葉にならない


作詞 きたやまおさむ
作曲 加藤和彦

|

« 専門家は理屈っぽい | トップページ | 背の高いあなたは今も大きい人 »

ゆれる」カテゴリの記事

コメント

歌詞だけ読むと涙が出てきてしまいそうですが、メロディはずいぶん軽やかなんですね。言葉にならないような悲しみの中にあっても、きっと明日は晴れると信じれば、つつしみ深く涼やかに凛としていられそうです。なんだか急に元気がわいてきました。

投稿: がま | 2009年10月17日 (土曜日) 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 専門家は理屈っぽい | トップページ | 背の高いあなたは今も大きい人 »