« 聴く | トップページ | 迷い込む »

2009年10月28日 (水曜日)

年齢

若く見られる。

と言うことは、若くはないということ。

幾つに見られるかということより、自分の姿が気に入らない。

自転車で走っていても、写真に写る自分は、自分でない(ような気がする)。

奈良公園で鹿とツーショットで写っていても、自分でない。

では、自己イメージはどのくらいなのだろうと考えていたら、その答えの人が酒を飲んでいた。

どうも、僕のイメージは35歳くらいで止まっている。

その男性は35歳くらい(たぶん)。

しかも、自分がそこに居るような感覚を覚えた。

「やあ、そんなところに居たんですね」と、声を掛けたくなった。

久しぶりの再開は感動ものだった。

ずっと後を着いて行きたくなった。

どこに行くのだろう。

家に帰るのだろうか。だれと住んでいるのだろうか。どんな人かな。

それは、想像だけで止めておいた。

|

« 聴く | トップページ | 迷い込む »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

若く見られた!
さまざまな人達が集まってくる自立支援センターで、はじめて会った人に38歳くらいですか?と言われ、ウキウキしながら職場の作業所に戻った。その話をみんなに発表したら「オバさんだな」と冷たくあしらわれた。

投稿: がま | 2009年10月29日 (木曜日) 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 聴く | トップページ | 迷い込む »