« 誕生日に立ち会う | トップページ | そんな1日 »

2009年9月24日 (木曜日)

実は、自分の隣に住むコロも悩んでいるという物語

緑色の顔の女の子の物語を考えている。

女の子は池に落ちてから顔が緑になってしまった。

それから、鏡を見ては毎日泣いている。涙では、顔の色は変わらない。でも、泣くしかない。泣いていると、誰かが気づいてくれそうな気がする。

それから、10年が過ぎた。

女の子の鏡はすっかり曇り、何も映さない。池に移る自分の顔は、空の青さや、夕焼けの赤に染まっている。

そこに小さな生き物が登場する。名前をコロという。

コロは、女の子の側にずっと座っていた。もうかれこれ10年は側に居る。

しかし、女の子にはコロが見えない。あまりに近くに居たから。

コロは、女の子の気を引こうとする。

そして、女の子の悩みを知っている。それを、自分だけの秘密にしている。

コロも悩んでいる。

しかし、女の子はコロの悩みを知らない。コロの存在も知らない。

それから、

|

« 誕生日に立ち会う | トップページ | そんな1日 »

ゆれる」カテゴリの記事

コメント

まだ発売されていません。

投稿: さいとう | 2009年9月26日 (土曜日) 00:28

この本の題名はなんですか?

投稿: がま | 2009年9月25日 (金曜日) 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 誕生日に立ち会う | トップページ | そんな1日 »