« 普通は教えられない | トップページ | 宮古 »

2009年9月10日 (木曜日)

a day in tha life

栗原暁氏、久保田真吾氏のユニットJazzinn`parkのアルバム「A DAY IN THE LIFE」を買った。

アルバムを買ったのは数年ぶり。

音楽は大量に耳に入ってくるのに、アルバム(CD)を購入しなくなったのはどうしてだろう。

本屋で何も考えずに、本の表紙を眺めていたら、「JOY」が聞こえてきた。

この曲は今の僕には必要だと感じ、すぐにレジのお姉さんに声を掛けた。だれの歌ですか?

そう、僕らにとって音楽は「うた」なのだ。

その「うた」がミュージックに変わった頃から、レコード(CD)を買わなくなった。

うたには、物語がある。物語がそれを聞く人間の人生と深く関る。

ジョン・レノンだって、ポール・サイモンだって、ボブ・ディランだって、皆、人生を歌っている。それは、ベートーベンもバッハも大江君も同じだと思う。

そうすると、僕の人生が薄っぺらくなってきたように、音楽が遠くに行ってしまったのだろう。

JOYは、人生を語らない。

しかし、

僕の気持ちを静かにしてくれる薬になってくれる。

|

« 普通は教えられない | トップページ | 宮古 »

ゆれる」カテゴリの記事

コメント

うたに力がなくなったのか、うたを聞く力がなくなったのか引きずり込まれるように聞いてた音楽が、最近ないです。
 さまよってるとき、がつんと心をわしづかみにしてくれるような音楽は、私が音楽そのものになる感じです。
 聞きたい曲にあえてよかったですね。

投稿: フクモト | 2009年9月11日 (金曜日) 06:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 普通は教えられない | トップページ | 宮古 »