« 色即じぇねれーしょん | トップページ | ボツボツのシート »

2009年8月22日 (土曜日)

エネルギーが低いとやさしくなれるのか

最近、訳あって、エネルギーが低下している。

日本の景気ぐらいの低下である。まだ、底が見えない。

夏ばてと重なって食欲はなく、それに、反比例して仕事が多くなり、疲れている。

しかし、エネルギーが下がると、人に優しくしたくなる。街を歩いていて、困った人を見つけると助けたくなる。それ以上に、すこし困っている人が、やたらと目に入るようになった。

これは、子どもが生まれたときに、町中の赤ん坊が目に飛び込んでくるようなものだろうか?

デパートの入り口に立って、入ってくる人を待っていて、扉を開け閉めしてあげたい程である。

それも疲れるので、一人くらいにしている。

街には、疲れている人が多い。

みんなを休ませて上げたいが、その気力がない。

|

« 色即じぇねれーしょん | トップページ | ボツボツのシート »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 色即じぇねれーしょん | トップページ | ボツボツのシート »