« 打たれ弱い私 | トップページ | 秩父路 »

2009年7月29日 (水曜日)

原さん

原信夫とシャープ&フラッツ・ファイナルコンサートに行った。

原さんの最後のコンサートのために、70代、80代の大人達がワクワクしながらホールに集まってきた。

大人が楽しめるコンサートが少ない中、誰もが楽しそうにおしゃべりをし、音楽を聴きながら涙を流していた。

1926年に生まれた原さんは、海軍音楽隊に入る。1926年は大正15年(昭和元年)。戦争を音楽を通じて体験してきたのだろう。

戦後、プロとなり、1951年、24歳でジャズ・オーケストラ「原信夫とシャープ&フラッツ」を結成。それらかの活躍は、知ってのとおり。

原さんの人生を想像すると、音楽と歩んだ70年という道のりだったのだろう。それも現役である。ちなみに83歳のサックス奏者はカッコイイ。

81歳の母親にその話をすると、「いづみちゃんが出たなら行きたかった」と悔しがっていた。

|

« 打たれ弱い私 | トップページ | 秩父路 »

あそび」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 打たれ弱い私 | トップページ | 秩父路 »