« トイレ | トップページ | 理解できる »

2009年3月 3日 (火曜日)

雑談

今日、醤油ビンを持ち、国道を渡る人を見た。

日常生活で、当たり前でないことを、あまりに当然ように振舞われると、その可笑しさが少し遅れてやってくる。

その人、おじさんは、年の頃なら50くらいだろうか。

格好は、今までコタツに入って餅を食べていた風。

突然、近所の山田さんから電話が入り、「今日は寒いね、そういえば雪になるかも」なんて無駄口を利いていたところ、「お宅に醤油あるかい?ちょと貸してくれないか?」と言われた。

それを聴いた義雄さん。(そんな名前がぴったりの人だった)

じゃあと、すぐそばだからと、サンダルを突っかけて、山田さん家に向う。

そこがたまたま国道で、車が結構、走っていたということだろう。

そう考えないと、山田さん家に当たり前に顔で向う義雄さんの正々堂々とした様子を説明できない。

しかも、左手にはしっかり醤油ビン(ガラスでできたあのヤツ)を握っていた。

しかし、よくできたもので、国道を走る車は、義男さんが醤油ビンを持っていることにすぐに気づき、当然のようにスピードを緩め、山田家へ急ぐ義雄さんを応援するようにクラクションを鳴らした。

義雄さんは、無事に国道を渡りきり、何もなかったかのように路地に消えてしまった。

困ったのは、それを見ていた運転手。(つまり僕たち)

なんとなく、前の車の運転手と目配せして、手を目の前に持ってゆき、

「しょうゆうこと」ですねと、冗談のように、親指と人差し指を近づけて笑いあった。

|

« トイレ | トップページ | 理解できる »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/44233402

この記事へのトラックバック一覧です: 雑談:

« トイレ | トップページ | 理解できる »