« なみすけ | トップページ | ねえ聞いて »

2008年12月21日 (日曜日)

後見人が遺言書を作成できるか

「後見人が遺言書を作成できるか」というワードで入ってきた人がいたので、個人的な見解を考えてみました。

結論は「できない」ということになりました。

この文章は十分ではなく、たぶん「後見人が被後見人の遺言書を作成することができるか?」だろうと想像します。

こうした問いを考える上で重要な問題は、なぜそれが必要かといういううものです。

後見業務は、学術的なものではなく、実際的なものだと感じています。

すると、できるかどうかを考えるのではなく、どうしてそのような課題に悩むのかという方に重点を置くべきだと思います。

そう考えると、そんな問題に悩むことははいという結論に達します。

つまり、被後見人は殆どの場合、そのような悩みを抱かないからです。

もし、遺言書を後見人に作成して欲しいが「そんなことはできるのだろうか?」と悩む人があるとしたら、相当な判断能力を持つ人であり、後見相当ではないという審判を求めることになるでしょう。

また、別のケースで、(後見でなく補助)遺言書を作った方がいいなあと、補助人が感じたとしても、本人(被補助人)は、なかなかそうは考えないものです。

それまで生きてきて、考えなかった問題を、考えるようになるには相当の心の変化やショックが必要です。

だからといって、ショックを与えるとことはないと思います。

これまで生きてきたように、これからも生きていくことを考えるだけでも大変なのにね。

Cocolog_oekaki_2008_12_21_22_32

|

« なみすけ | トップページ | ねえ聞いて »

成年後見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/43488990

この記事へのトラックバック一覧です: 後見人が遺言書を作成できるか:

« なみすけ | トップページ | ねえ聞いて »