« 数馬その6 | トップページ | 偏る国 »

2008年11月 5日 (水曜日)

飛行機が小さい


             

調布飛行場にある、洒落たお店に飛子さん(仮名)と出かけた。

飛子さんは、この1年で大きくなり、車に乗せるのが大変だった。カフェに着くと、窓側の席をとり、飛行機を見ながらシフォンケーキを食べた。

飛子さんは、クルームをケーキに塗り、あっと言うも間に平らげ、今度は、お寿司を食べに連れて行ってという。

食べ終わると、飛行機を見る余裕ができたのか、じっくりと見つめ、「なんだか小さいね」という。

「きっと、飛子さんが大きくなったからだろう」というと、「そんなことはない、私は小さくて可愛いの」と、強く主張する。

そして、「もう食べるものもないし、飛行機にも乗れないのなら帰ろう」という。

僕が、トイレから帰ると、隣りの席のおばあさんと仲良くなり、今度来るときには、一緒に飛行機にのる約束をしている。

飛子さんを車に乗せると、「やっぱり、お寿司の方がいいね。いつ連れて行ってくれるんだい」と、小さな瞳が輝いた。

|

« 数馬その6 | トップページ | 偏る国 »

成年後見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/43017839

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機が小さい:

« 数馬その6 | トップページ | 偏る国 »