« 専門学校の皆さん | トップページ | 電話、お待ちしております »

2008年10月22日 (水曜日)

明るい未来

内田樹の「未来の未知性について」という文を読んでいた。

ビッグになりたいと思う人は、ビッグになったときのことなんか想像しない。

ビックになったときに、テレビに出て、何を着るかを想像している。ディレクターから、飲み物を聞かれて、どう答えるのかを練習している。

つまり、過去において、未来の姿がどんどん溢れてしまい、困るほど夢を見る。しかも、その夢が現実よりもリアルで、その体験に酔いしれてしまう。

明るい未来が一つの人と、未来が100描ける人では、「願望達成率」が100倍違うと内田はいう。

人は、できると思うことを実現する力を持っている。しかも、できると思える未来が映画のようにストーリー仕立てになっていれば、役者として演じるだけでいい。

物語は、読むものと同時に、物語の主人公になれる人がいる。その人は、確信的に、自分がスターだと思えるんだろう。

ただ、その夢が実現するためには、何をすればいいのか。そこまでの成長物語りも作らなければいけないこともお忘れなく。

|

« 専門学校の皆さん | トップページ | 電話、お待ちしております »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/42873204

この記事へのトラックバック一覧です: 明るい未来:

« 専門学校の皆さん | トップページ | 電話、お待ちしております »