« ゆれる効果 | トップページ | 講演依頼 »

2008年8月20日 (水曜日)

気持ちいい揺れ

おんぶされている赤ん坊が笑っていた。

少年が赤ちゃんの頃、よく泣いた。

赤ちゃんが泣いていると抱っこしてゆする。または、車に乗せて夜のドライブに出かけた。

気持ちいい揺れを感じると、次第に癇が治まり、世界に平和が訪れる。

それではと、そっと布団に置こうとすると、人形のように目を開ける。再び抱き上げると目をつぶり、頭を下げると開ける。

親の気持ちを読んで、試すような子どもだった。

赤ちゃんにとって気持ちいい揺れがあるのだろう。それは、母親との密着した関係の中で生まれる。

他人が抱いても駄目な場合が多い。どうしてかは分からない。

皮膚感覚や呼吸、心臓の音などが関係しているのだろうか。

赤ちゃんは自分では揺れられないので、親にゆすってもらうことで安心を得ているような気がする。それほど、人間にとって揺れることは大事な事なんだと思う。

歩くこともよく考えれば、体を左右に動かし、体重移動をしながら揺れている。古代ギリシャ人は歩くことで思想した。

止ってしまうと、頭の動きも止まる。嘘だと思うなら、身体を硬直させて何か考えてごみてください。

当然、手が動かないので、手も足もでないのです。

|

« ゆれる効果 | トップページ | 講演依頼 »

ゆれる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/42225225

この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちいい揺れ:

« ゆれる効果 | トップページ | 講演依頼 »