« なくし物 | トップページ | 部品より身体を大切に »

2008年7月 8日 (火曜日)

役所

役所(市役所、区役所)を3箇所回った。

当たり前だが、窓口の対応が違う。

また、当たり前だが、感じがいい所と悪いところがある。

それに、すぐに失礼したくなるところもあれば、お昼の弁当を広げたくなるところもある。

10年同じ書類を使っている役所があり、必要もない印鑑を求めてくる。指摘すると、「必要がない」というが、それでも窓口では「印鑑をお願いします」と不必要な要求をする。

おかしいと思っても変えることが難しい、それが役所というものだろう。

また、別の依頼をした。

それは規則でできませんという。

その、規則は時代に合っていない事は分かっているのに、規則が変わっていないから「できない」。

それが役所というものだろう。

帰りの車の中で、矢野顕子の「中央線」を聞いた。

なんてしなやかなうただろう。

|

« なくし物 | トップページ | 部品より身体を大切に »

成年後見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/41776203

この記事へのトラックバック一覧です: 役所:

« なくし物 | トップページ | 部品より身体を大切に »