« はな | トップページ | スリッパ »

2008年6月15日 (日曜日)

太郎

岡本太郎美術館に行った。

子どものことを二人で話した。

「強く生きる言葉」を買った。

今の気分で好きな言葉は、

「人間はその数だけ、それぞれ、その姿のまま誇らしくなければわなない」

そういえば、誇りという言葉を聞かない時代になった。

「駄目なら駄目でいいと思って、駄目なりに自由に、制約を受けないで生きていく。そうすれば、何か、見つけられるチャンスがおのずからひらけてくる。決意するのだ。よし、駄目になってやろう。そうすると、もりもりっと力がわいてくる。」

僕の駄目さ加減は、まだまだ足りないらしい。

「こんなに弱い、なら弱いまま、ありのまま進めば逆に勇気が出てくるじゃないか。もっと平気で、自分自身と対決するんだよ。」

自分が弱いのか、そうじゃないのか、それが分かっている人は弱くない。自分のことを、自分のホントウの姿を知ってしまうと、その時から自分との対決が始まる。

|

« はな | トップページ | スリッパ »

あそび」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/41544426

この記事へのトラックバック一覧です: 太郎:

« はな | トップページ | スリッパ »