« 霧島3号 | トップページ | 26度 »

2008年4月21日 (月曜日)

桜島

鹿児島に近づくと、はじめは右に、続いて左に桜島が見えてきた。

湾を左回りに回っている。

桜島が大きくなるに従い、その存在感が増す。

現地の人に聞いたところ、桜島の見える所に住むのが理想だという。不動産家の話では、見えるか見えないで価格が違ってくるらしい。

桜島を毎日見ていると大きな人間になれそうな気がする。

鹿児島中央から九州新幹線に乗り、川内(せんだい)市に向かう。

新幹線で10分。

在来線でも30分くらいか。

車内は木彫で落ち着いた雰囲気だ。

新幹線には、中国からの団体客が乗り込み、写真を取りまくる。

かなりリッチな団体の様子。

以前は年配の観光客が多かったようだが、最近は若い人が買い物に来るらしい。

新幹線が必要かどうかは、道路が必要かどうかに似ている。

確かに、農道を走っていても、しっかり舗装されている。

|

« 霧島3号 | トップページ | 26度 »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/40946898

この記事へのトラックバック一覧です: 桜島:

« 霧島3号 | トップページ | 26度 »