« 街 | トップページ | 営業さんこんにちは »

2008年3月26日 (水曜日)

リバース・モゲージ

逆抵当融資方式という意味。
自宅を担保により貸付限度額を設定し、その限度額に達 するまで毎月一定額を受け取ることで生活資金や介護費用を捻出できる。そして、債務者が死亡した後に、担保となっていた不動産を売却して借入金を一括返済するという仕組み。

自宅を持っているが、生活資金が充分でない場合、有効なしくみである。
しかし、現在2つの銀行の取り扱いがあるが利用者が伸びているという話を聞かない。また、他行が取り組みを始める訳でもない。

N銀行の場合。
遺言書を作成する必要があり、年齢が80歳までに申し込むをするなどの条件があり、被後見人が遺言書を作成できるかという課題が大きい。

S銀行の場合。
年齢60歳以上。自宅物件で戸建て。土地が60平米以上で年金受給者などの条件がある。

条件に合っているから融資が受けられるかというとそうでもない。

この辺が難しい。

その他に方法はないか?

土地を売却して、家を借りるという方法がある。

しかし、買い手がいる場合である。

物件の場所や価値によってこちらも難しい。

行政でもリバース・モゲージを行っているところがある。

しかし、自宅に住んでいることが条件となる。

全て上手くいくということはなかなかないものだ。

PS.

その後、S銀行に行ったところ、後見人が付いている場合の融資は難しい(できないということ)とはっきり言われました。


|

« 街 | トップページ | 営業さんこんにちは »

成年後見」カテゴリの記事

コメント

そうですよね。
リバース・モゲージって、あまり使われていないようですね。
認知度も低いようですし。
その辺がネックになっていると思うのは、私だけでしょうか?

投稿: 久方ぶりです | 2008年3月26日 (水曜日) 14:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/40635880

この記事へのトラックバック一覧です: リバース・モゲージ:

« 街 | トップページ | 営業さんこんにちは »