« ゴミ | トップページ | 拘り »

2008年2月22日 (金曜日)

カバンの中

物語は、突然に動きだす。
動きは、ぼーとしている時にやってくる。

何も考えていないとき、頭のなかは一生懸命にシナプスが繋がり、電流が流れる。ときどき頭が痛くなるのは、そのせいだろう。

何かが終わる時に、新しいことが始まる。
その場合は、物語を読むように、黙っているだけでいい。

物語は、自分の好むようには進まない。だから、やってくるものだって、いいものだけとは限らない。だから、いやだなと思うものでも、時には、カバンに入れる必要がある。次においしいものを入れたときに、そっと出せばいい。

しかし、何かが始まる場合はどうだろう?
カバンは一つ、それほど大きくないのだから、もう入らない。
順番からいえば、どれかを取り出す必要が出てくる。
これは、困ったことで、鞄に入っている財布も手帳も鍵も定期もガムも、それなりの意味があってやってきた。思い入れもある。

すると、物語が突然動き出す。
捨てるべきものが目の前に現れる。
思い入れが強いと見えないけどね。

持ち物は少なく、諦めは早くということか。

見えたと感じたら、それに従って道を歩くことにしている。
事業をすると言うことは、絶えず動き続けることのように感じる。
元気でないとね。

物語の終盤には必ず、怪獣が現れて闘いがあるのだから。

カネゴンは、いつも泣いている。

お腹すいたよ、何か食べ物を頂戴よ。ねえ。

|

« ゴミ | トップページ | 拘り »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/40217317

この記事へのトラックバック一覧です: カバンの中:

« ゴミ | トップページ | 拘り »