« 引越し | トップページ | 11月は、 »

2007年10月30日 (火曜日)

目が覚めた

三途の川の話をした。

三途の川は浅くて、少し温かい水がゆっくり流れていると話した。
底には、きれいな石が敷かれ、裸足で歩くと少し痛いので、靴を履いて歩いた方がいいだろうとも云った。
川の側には、湧き水があり。そこの水は冷たくて、飲むと、生き返るぐらい美味しい。
あんまり美味しいので、沢山飲んで生き返ると困るから、程ほどにしたほうがいい。

さらに、いくら待っていても、桃は流れてこない。
しかし、小さな笹舟ぐらいなら流しても、怒られない。

最後に、その水で顔を洗って出直そうと、ジャブジャブ洗うと、目が覚める。

 

新宿から、急行に乗り、1分も経たないうちに寝てしまった。

夢を見た、勿論川の夢。

いい気持ちだったのに、引き戻されるように目が覚め。

急に、下車駅かとおもって、立ち上がると下北沢だった。

随分時間が過ぎたと思ったのに、5分と過ぎていなかった。

浦島太郎も、こんな風に夢を見たんだろうか。

30年を3分ぐらいで。

顔が少し濡れていた。

|

« 引越し | トップページ | 11月は、 »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/16925943

この記事へのトラックバック一覧です: 目が覚めた:

« 引越し | トップページ | 11月は、 »