« 運転手さん座ったらどう | トップページ | 宇宙人 »

2007年9月29日 (土曜日)

答えは見つからない

いつまでも頭から離れない言葉というものがある。
「あなたはすぐに答えを出そうとする」と言われた。

これは、褒められたのではなく、だから「冷たい」と言われた。

僕が人に冷たいとうことは自覚している。それでも、正面から言われることは少ないので、何とか生きていける。
他人に対する関心より、自分への興味が大きいのは事実である。だから、巻き込まれることは少ない。むしろ、どこか逃げているところがある。ほめられた性格でないが、今までこれで生きてきたのだからどうしようもない。

それ以上に、「答えをすぐに出そうとする」というフレーズがどうも気になる。
それは、確かに「そうだから」だ。そういう人間なんだということに、あらためて気づかされたからだ。

この場合の答えは、「相手の答え」ではなく「僕の答え」である場合が多い。
答えがどうしても出せない人にとって、僕の答えなんか聞きたくないだろうし、答えを聞かされることは苦痛だったのかもしれない。

でも、つい答えのようなものを喋ってしまう。

返事をすることも同じかもしれない。
僕にとっては、返事のつもりで「そうですね」といっていても、それが「決めつけ」に聞こえたり、「投げやり」な言葉に聞こえるてしまう。

どうしてショックが大きかったのかは分かっている。
僕が無防備だったからだ。予想外の答えが返ってきたからだ。本質を突いた言葉だったからだ。

どれも当たっている。
当たっていても、どうしようもない問題だと分かっている。
そういわれても、どうすることもできない。

なにせ冷たい人間は、なかなか温まらない。
それに、もうすぐ季節は冬である。

春まで待つしかないか。
ついこの前、夏が終わったばかりなのに。

|

« 運転手さん座ったらどう | トップページ | 宇宙人 »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/16608482

この記事へのトラックバック一覧です: 答えは見つからない:

« 運転手さん座ったらどう | トップページ | 宇宙人 »