« 嵐の夜 | トップページ | コアラに似た狛犬 »

2007年9月 8日 (土曜日)

マイケルと卵の関係

「マイケル・ジャクソンが遊びに来たらね、どうすると思う?」
と聞く妻。
「分からない」と答えると。
「ゆで卵を出す」と、嬉しそうに答える。
最近、美味しいゆで卵の作り方を覚えたと、自慢げに話し始める。
「6個のゆで卵を鍋に入れ、卵の6合目まで水を入れ、沸騰したら蓋をして、6分待つ。どんなにぼこぼこいっても、蓋は開けないんだよ」と、少年に説明している。
興味なさそうに少年は、卵にマヨネーズ付けている。

今度は、卵を剥きながら。
「ほら、殻が簡単にむけるでしょ」と、サッと皮をむき、皆に見せる。
「白身がプルプルして美味しそうでしょ」と云うが、僕は、すでに一気に口の中に放り込んでいた。

マイケルがこれを見たら、
「僕みたいに白くてきれいだね、ポウ」と言うだろうか。

妻は、最近ドランクドラゴンの塚地さんに似ていると、「ほぼ100円」(はねるのとびら)を楽しみに見ている。
先日も、「あの赤いワンピース着たらそっくりよ」という。
ほぼそっくりだと認めている少年と僕は
「それだけは止めてくれ」と、説得した。

|

« 嵐の夜 | トップページ | コアラに似た狛犬 »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/16379568

この記事へのトラックバック一覧です: マイケルと卵の関係:

« 嵐の夜 | トップページ | コアラに似た狛犬 »