« 報告書 | トップページ | 水が押し寄せてくる »

2007年8月 7日 (火曜日)

存在が魅力です

ロナウジーニョを見に行った。

他にもスパースターはいたが、目当てはロナウジーニョ。

スーパープレーは少なかったが、基本に忠実でいて、創造的なプレースタイルを感じることはできた。

サッカーは、他のスポーツに比べ国によりプレイスタイルが違う。サッカーはスポーツというより文化だという人もいる。

負けないことを信条として、引き分けか、1-0で勝つことをよしとするスタイルの国がある。

個人技を駆使して華麗に相手を抜き去り、ゴールを決める選手がいる一方、ボールを徹底的に回し、完全に相手の防御を崩してゴールを決めないと気がすまないように感じるスタイルの国がある。

サッカーを見ていると、勝つか負けるかという勝負よりも、どう勝つか(どう負けるか)を問題にしているようであり、サッカーを通してその国(あるいは民族として)の主張をしているようだ。

ロナウジーニョのプレイは、創造的である。誰も考えないようなプレーをすることを信条にしているようである。また、そうすることで誰にも負けない報酬を得ることができるようになった。

だから楽しい。何かが起こるじゃないかと期待する。彼にボールが回ると、みんなわくわくする。

日本のサッカーは上手くなった。一昔前だったら、強くて相手にならないようなチームでも、引き分けに持ち込める力をつけた。

しかし、創造性の問題ではまだまだ差が大きい。

日本人のスタイルとは何だろう?

野球でいえば、イチローだろうと感じる。松井ではない。

野茂だろう。松坂ではない。

サッカー選手としては、中村や高原が出てきたことは嬉しくなるが、ナショナルチームとしてのスタイルは未だ見えてこない。

それにしても、ロナウジィーニョの顔は小さかった。

|

« 報告書 | トップページ | 水が押し寄せてくる »

あそび」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/16040390

この記事へのトラックバック一覧です: 存在が魅力です:

« 報告書 | トップページ | 水が押し寄せてくる »