« 痛かっただろうに | トップページ | 裁判所の廊下は長い »

2007年7月29日 (日曜日)

遠藤のキックにしびれる

サッカーアジアカップは4位という成績で終わった。

韓国との試合では歯がゆさも残ったが、個人的には遠藤選手のプレースタイルに感動を覚えた。

選手としてはかなり緊張をしているだろうし、疲れている。そんな時に、あのゆるい(考え抜いた)キックは最高。

つまり、どんなときでも自分のスタイルを持っているということであり、最高の技を出すことができる選手だ。

一方、韓国選手は、自分たちのスタイルよりも、それ以上のものを出そうとしていた。

結果として、解説の松木氏が興奮していたが、日本選手には「執念」が足りなかったのだろう。

自分たちのスタイルに拘るとき、相手のスタイルも気にしなければならない。均衡した力の場合、相手が予想以上の動きや気持ちを持っているときには、スタイルは弱くなる。

まあ、そんなものだろう。

止まったボールを蹴るのと、動きながら、動いているボールを相手の動きを避けて蹴るのでは違って当然。

それにしても、遠藤選手の不敵な表情にはしびれる。

次の試合では、予想を裏切る動きをして欲しいと応援しています。

がんばれキタロウ。

|

« 痛かっただろうに | トップページ | 裁判所の廊下は長い »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

私も感動しました!
ガンバ大阪での活躍のように,あんな大きなところでも力が出せるのは凄いと思いました!

投稿: デリシャス | 2007年8月 3日 (金曜日) 10:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/15932455

この記事へのトラックバック一覧です: 遠藤のキックにしびれる:

« 痛かっただろうに | トップページ | 裁判所の廊下は長い »