« 河よ | トップページ | 何かがはじまろうとしているのか »

2007年5月16日 (水曜日)

正しい生き方は人を苦しめる

正しい生き方は人を苦しめる、間違った生き方は人を欺く。
(あくまで、天邪鬼的視点であります。)

社会福祉士は、正しく生きようとする。しかし、社会福祉士の対象者は、時に、正しく生きられない人々であります。
正しく生きられない人々にとって、正しく生きる人を見ると苦しくなります。
かといって、正しくない人を見ると、無性に腹が立ちます。
では、どうしろというのでしょう。

正しい生き方には「あそび」がないのでしょう。「むだ」がないのでしょう。
「あそび」や「むだ」にとって重要な問題は「時間」です。

だとすると、社会福祉士にとって重要なものは、正しく生きる前に、無駄な時間を持つことでしょう。つまり、暇な社会福祉士こそ、求められる新しい姿。

これからは、植木等に代わって、「がつがつする奴はご苦労さん」と、スキップしながら大声で歌いましょう。

|

« 河よ | トップページ | 何かがはじまろうとしているのか »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/15087111

この記事へのトラックバック一覧です: 正しい生き方は人を苦しめる:

« 河よ | トップページ | 何かがはじまろうとしているのか »