« 講座案内 | トップページ | 「瓜ぼう」という名前です »

2007年5月 3日 (木曜日)

物語る夢

たしかにあれほど読んだ「星新一」の作品については全く思い出せない。
同時期に読んだ、北杜夫、遠藤周作、小林信彦については、登場人物が出てくるのに、星新一のショート・ショートについては皆無。
全く想いだせないということが、星の作品の特徴であったのだろう。そのことは、最相氏も書いている。
しかし、何千万部と売れ、小学生にも読まれる小説でありながら、時代から忘れられる作品を書き続けることは寂しいだろう。
晩年、星新一は(名前を書くときもフルネームを書き、ニックネームが一般にはないというのも、この人の特徴)、文学賞をもらえず、文壇から評価されないことや、時代から忘れ去われることを怖れていた。
なんとなく悲しい顔をしている。
二枚目で、星製薬の若旦那で、有名作家で、話は面白いとくれば、いうことがないように見えて、「負に遺産」を一生背負う人生を送った。
そのことを、淡々と記している最相葉月の文章力は確かなものだ。

この作品を読み終えた夜、夢を見た。
10年近く前になくなった父親が登場した。
情けない姿での登場であった。
父親の無様な行動を何とかしようと関わりあっている男が、「ぼく」であった。
しかし、よく見ると、父親は「ぼく」の顔をしていた。

|

« 講座案内 | トップページ | 「瓜ぼう」という名前です »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/14934328

この記事へのトラックバック一覧です: 物語る夢:

« 講座案内 | トップページ | 「瓜ぼう」という名前です »