« まかせる | トップページ | 白い足 »

2007年4月 6日 (金曜日)

なんにもできない

高子さんは、「なんにもできない」という。
娘が訪問してみると以前と殆ど変わらない生活をしているので、「何ができないの?」と聞いてみた。
「だから、なんにもできない」というばかり。
心療内科に通い抗鬱剤を処方され飲んでいるがい一向に快方にむかわない。
よく観察してみると、たしかにゴロゴロしている。部屋の埃も増えている気がする。しかし、そんな事は大した問題じゃないと感じていたら。
「掃除ができない」と言い始めた。
「綺麗じゃない」と言い返すと。
「そんなことはない。前はもっとキレイだった」といい、「なんにもできない」がはじまる。

次の日、玄関を飾りたいけどできない。「どうしたらいいの?」と電話が掛かってきた。
その次の日は、「この前買った靴を履きたいけど外出しないからもったいない,返した方がいいか」と聞いてくる。
黙って聞いていると、できない事ばかり探しては、「何もできない」自分を確認しているようだ。
近所の手前もあり、「なにもできない」母をほって置けないと、せっせと娘は実家に通う。

|

« まかせる | トップページ | 白い足 »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/14575375

この記事へのトラックバック一覧です: なんにもできない:

« まかせる | トップページ | 白い足 »