« 回転すると目が回る | トップページ | 依頼 »

2007年3月26日 (月曜日)

高度障害

生命保険の支払いには、「高度障害」という欄があります。
高度障害とは以下のような状態により、生涯に渡り生活全般に介護が必要な状態となった場合をいう。

  1. 両目とも完全永久失明
  2. 言語・そしゃく機能の完全喪失
  3. 中枢神経系または精神に著しい障害を残し、終身常に介護を要する状態
  4. 胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要する状態
  5. 両手(手関節以上)喪失または永久に使えない状態
  6. 両足(足関節以上)喪失または永久に使えない状態
  7. 片手(手関節以上)喪失及び片足(足関節以上)の喪失または永久に使えない状態
  8. 片手の完全永久に使えない状態及び片足(足関節以上)の喪失

一般に、高度障害は、身体障害に適応されると考えられていますが、高度の認知症や精神疾患については、「3」に該当する場合があります。
しかし、「高度障害」とは、単に寝たきりのことを言うわけではなく、障害の固定が必要です。固定とは、リハビリによって障害が回復しないという意味です。また、障害の認定には医師の診断書が必要になります。
現在、高度障害の認定申請を行なっています。
被後見人が、身体障害以外の精神・認知能力に著しい障害を残し、終身に渡って介護が必要な状態が固定されている場合には生命保険の給付が受けられます。

 

|

« 回転すると目が回る | トップページ | 依頼 »

コメント

こんにちわ、高度障害の記載が、大変参考になりました。ありがとうございます。

投稿: すーきち | 2012年11月17日 (土曜日) 14:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/14406648

この記事へのトラックバック一覧です: 高度障害:

« 回転すると目が回る | トップページ | 依頼 »