« 日本ランク | トップページ | 基地 »

2007年3月 6日 (火曜日)

届けよとどけ

郵便局に後見人等の届けを出しに行った。
保佐人の交代に対して、前任者の保佐人の署名・捺印を求められ、議論となった。
郵便センターの話によると、マニュアルで保佐人の交代に当たっては、住所・氏名等の変更に当たると解釈するので、前任者の署名・捺印を必要とすると言い張る。
理論的には、前保佐人と現保佐人の関係(つながり)は無く、前保佐人を特定する手立てはない。また、登記事項証明書から住所が判明したとしても、前保佐人に署名・捺印を求めるという行為は、その根拠が明確でなく到底受け入れられない旨を主張した。さらに、保佐人が、遠方にいた場合(外国にいる場合)には現実には署名・捺印は不可能であり、場合によっては、病気・死亡というケースも考えられると伝えた。
それに対して、遠方等の場合は、特別の事由に当たると解釈し、その旨を記入することで対応したいという。しかし、あくまで内規で決まっているので署名・捺印の必要性を主張する。
郵便局長は、「現場はお客様と真剣に対応しているのに、まったく物分りが悪い。必要というのなら、根拠を明確にしなさい」と僕以上に怒っているので、こちらが冷静になってしまった。
今日は、時間があるので2時間を掛けて有意義な議論ができたと思う。
結論は、局長の判断で、通帳の変更を行い、前任者の署名・捺印はしなかった。
ちなみに、前回も保佐人の交代による後見人等の届けを郵便局に出したが、すんなりOKだった。郵便センター係員により解釈が違うのか、局の裁量でやっているのかわからないが、対応のいい局ですんなりやるもの良し、すったもんだとするものまた楽しい。

|

« 日本ランク | トップページ | 基地 »

成年後見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/14166844

この記事へのトラックバック一覧です: 届けよとどけ:

« 日本ランク | トップページ | 基地 »