« 6.8パーセント | トップページ | どこか雇ってください »

2007年1月28日 (日曜日)

登場人物について

このブログに登場する人物は、架空の人々です。

何処か似ている人がいても、その人とは別人です。また、現在と過去が同居しています。村上春樹の小説のように、どこかで交わることもあります。しかし、ほとんどは、頭の中で起こっている出来事です。

ブログを書いていると、本当でないことが本当のように聞こえたり、本当のことが嘘ぽく聞こえたりします。虚構の世界なのに、そこだけいきいきしているようなところがあります。

本当のことを書くということは、本当にはできないことなのかも知れませ。本当のことを書こうとすればするほど、嘘に近付きます。それでいて、いい加減なことが本当に聞こえるからやっかいなのです。

(再掲)

|

« 6.8パーセント | トップページ | どこか雇ってください »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/13691168

この記事へのトラックバック一覧です: 登場人物について:

« 6.8パーセント | トップページ | どこか雇ってください »