« 口笛 | トップページ | 選択できない選択 »

2007年1月 7日 (日曜日)

太めのわたし

ソーシャルワーカーの桃恵さんは仕事が好きだ。
正義感が強く、何事もきちんとしないと気がすまない性格。
その性格が時に人とぶつかり、落ち込むことがある。
いい加減な人を見ると許せない気持ちが湧いてくる。何とかしなくちゃいけないと思ってしまう。しかし、いい加減な人にまじめに話をしても空回りをするだけで、正しいことを言っている自分ばかりが疲れを感じる。
そういえば、仲の悪い母親も自分に似ている。干渉する母から独立したくて東京に逃げるように出てきて10年が経つ。最近、母親を許せるようになった自分に気づいた。
あんなに干渉していた母親から離れてしまうと、干渉されないことが少し寂しい。
結局、自分も母親のように、人をコントロールしたいのだと考えるようになった。他人が自分のように考え、行動すると落ちつく。しかし、そうでないとイライラする。このイライラはとめられない。
無理していい加減にしようと思ったこともあるが、余計にイライラした経験がある。
身に付いたものを変えることは大変だ。
最近は、イライラした日は買い物をしたり、美味しいものを食べてストレスを解消するようにしている。
すこし太ってきた。
体重をコントロールする生活が続いていたが、もうどうでもいいような気がしている。
「どうとでもなれ」と思うようになってきたら、太めの自分の身体もまんざらじゃないと思えるようになってきた。

|

« 口笛 | トップページ | 選択できない選択 »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/13361985

この記事へのトラックバック一覧です: 太めのわたし:

« 口笛 | トップページ | 選択できない選択 »