« お客様を大事にするとはどういうことか | トップページ | 本人は何処にいってしまったのか »

2006年11月22日 (水曜日)

施設入所者の自費プラン

施設に入っている被後見人にヘルパーを自費で依頼することを考えている。
施設では十分なサービスが受けられないから、ヘルパーを依頼するのだが。よく考えるとおかしい話だ。
レストランに行って、料理が拙いから別の店から出前を取るようなものだ。
または、ホテルに行って、ベッドの具合が悪いからレンタルベッドを自費で頼むような話である。
しかし、今の介護保険制度の下では、理念としては「個別プランを立て、原則個室でその人らしい生活を送れます」といっても、職員不足、職員のスキル不足等により十分なケアが実現できないことを施設の職員自らが認めている。
人件費削減の為に外国人ヘルパーを採用することが現実の問題として施設で話されているとも聞く。
まったく、国や政治家は高齢者の生活の質が落ちていることを知っているのだろうか。知っていて政策を決定しているのだろう。
話は戻って。
被後見人の個別ケアを保障するためにはどうすればいいのだろうか。
色々は人の意見を聞いて見たいと思っている。

|

« お客様を大事にするとはどういうことか | トップページ | 本人は何処にいってしまったのか »

成年後見」カテゴリの記事

コメント

 私も施設入所の被後見人を担当させてもらってます。お金があるなら、ぜひ自費ヘルパーでの外出介助を頼みたいと思っています。 また、後見人と被後見人のグループで温泉旅行にもいきたいなと思っています。地域の高齢者が老人クラブに入って年1回程度旅行に行っているならば、施設入所の方も、1泊温泉旅行にいけてもいいのではないでしょうか。温泉は、単に私の趣向ですが、パチンコでも本人がどきどきするようなことがあれば、一緒にいきたいなと思っています。

投稿: あかり | 2006年11月23日 (木曜日) 14:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/12782710

この記事へのトラックバック一覧です: 施設入所者の自費プラン:

« お客様を大事にするとはどういうことか | トップページ | 本人は何処にいってしまったのか »