« ニッポン・住宅・宇宙 | トップページ | 揺れるサラリーマン »

2006年10月29日 (日曜日)

冒険

安男さん(仮名・73歳)は冒険をしたいと考えている。
安男さんは、安い男という名前の通り、安定した生活を送ってきた。定年後、妻と安定した老後を送っていたが、3年前に突然妻を亡くした。
心配した息子達が、一人で生活するのは無理だからと、有料老人ホームに申し込んでくれ、2年前から暮らしている。
当初は、妻を亡くしたショックもあり、身の回りの世話をしてくれるヘルパーさんがいてくれるホームの生活を有難いと思っていた。しかし、最近、同居の利用者との生活にストレスを感じるようになっている自分に気づいた。
息子にそのことを言うと、「あんないい施設はない。それに、入居金として1千万円を納めており、今から退去すると殆ど帰ってこないから我慢しろ」と言う。息子は同居することを全く考えていないし、安男さんも息子の家に行く気はない。
実は、ホームを退去して一人で暮らしてみようと考えている。それに、今ならお金もあるし、体力もあるから何とかなると思っている。それに、冒険することは若者の特権ではないだろうと思う。
しかし、そのことを誰に言っても理解してもらえない。
それではと、自分で色々と下調べをしている。
いい物件が見つかったら、契約して息子をびっくりさせてやろうと思っている。
年寄りだって、冒険したい時がある。

|

« ニッポン・住宅・宇宙 | トップページ | 揺れるサラリーマン »

成年後見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/12479145

この記事へのトラックバック一覧です: 冒険:

« ニッポン・住宅・宇宙 | トップページ | 揺れるサラリーマン »