« キャッシュカードの送付先 | トップページ | 祈る »

2006年10月25日 (水曜日)

ケアマネとの連携

被後見人関係者と打ち合わせの後、ケアマネジャーから相談を受ける。

一人ケアマネのその人は、一所懸命にケアマネ業務を行っている。

ところが、研修会で会った同業のケアマネから、「私なんか、訪問も行ってないわよ」的な話を聞き、ショックを受けたという。

まじめにやっている者がバカをみる社会というのはおかしいと、彼女は綺麗な目で問いかけてき。

僕には何も言ってあげられることはない。

ただ、被後見人に関する全ての責任は後見人の僕にあるので、今後は、そのところだけは安心してくださいと伝えた。

被後見人が在宅生活を維持するために、ケアマネジャーは無くてはならない存在である。

そのケアマネジャーが力を発揮できるために、役割分担を明確にし、責任の所在を確認することが後見人の仕事だ。

今後ともよろしくお願いします。

|

« キャッシュカードの送付先 | トップページ | 祈る »

成年後見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キャッシュカードの送付先 | トップページ | 祈る »