« 契約 | トップページ | あなたが1万人目のお客様です »

2006年9月20日 (水曜日)

カレーの法則

街を歩いていたら無性にカレーが食べたくなった。

すると「おいしいカレーあります」という看板がすぐに目に飛び込んできた。なぜかすぐにカレー屋が見つかるから不思議だ。

その店は、タイ米を使っている。今日クーデターがあったこともあり、その店に入りカレーを食べる。美味しい。

そして、家に帰る。台所のレンジを覗くと、案の定大きな鍋にカレーが一杯入っている。

そう、カレーを食べるとその日(夜)はカレーが多い。これを「カレー法則」と呼ぶ。

原因を探ってみる。

一度カレーを作ると3日はカレーが続く。そして、「もう、カレーはいい」という気分になる。そして、一定の期間が過ぎると無性にカレーが食べたくなる。その期間が夫婦で同じということ。

しかし、よく考えたら、これは「餃子の法則」であり、「コロッケの法則」でもある。

つまり、我が家の夕食は一定のサイクルで廻っている。

|

« 契約 | トップページ | あなたが1万人目のお客様です »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 契約 | トップページ | あなたが1万人目のお客様です »