« 細々と生きる | トップページ | 演劇は見ますか »

2006年6月30日 (金曜日)

マイ・ビートルズ

ビートルズが来日40年だという。

小学生の時、たしか、「ビートポップス」という番組があり。大橋巨泉さんが司会をしていたと思う。

毎週、洋楽のベストテンを流し、お立ち台にはミニスカートの若い子が手を振って踊っていた。子ども心に、どきどきした。

土曜日の午後は、ビートポップを見てから、自分のベストテンを作り音楽を聞いていた。

家には、兄のレコードプレーヤーがあり、家にあったレコードを並べてはベストテンを作り、「では、今週のベストテンです、どうぞ」とやっていた。

ビートルズのレコードは、2枚あり、4曲入ったレコードが気に入っていた。ミッシェル・ガール・ノウエアマンなどがベストテンの上位にいつも入っていた。他には、加山雄三や森山良子も入っていた。

ベストテンの曲はいつも同じであり、小学生の僕は、英語の曲を日本語にして歌っていた。

ミッシェルは、「ションベンモリ・・・」と歌っていた。ガールを歌うときは、曲の中にため息をつくようなところがあり、口笛がまだ吹けなかったので、歯をむき出して、歯の隙間から音を出していた。

「シー、シー」子ども部屋から音がするので、母親が、「お前歯が悪いのか」と聞かれた。

何度も何度も聞いているうちに、曲は覚えてしまった。レコードが少ないからベストテンに入る曲は決まっている。

そのうち、ブルーコメッツのブルーシャトーが流行り出し、友達と「モリ・トンカツ」と歌うほうが面白くなり、洋楽から離れていった。

|

« 細々と生きる | トップページ | 演劇は見ますか »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/10731840

この記事へのトラックバック一覧です: マイ・ビートルズ:

« 細々と生きる | トップページ | 演劇は見ますか »