« 福祉的甘え | トップページ | 自殺統計 »

2006年5月 3日 (水曜日)

帽子の効果

最近帽子をかぶっている。

帽子をかぶると気分が落ち着く。帽子のつばから下の自分が、薄いベールに包まれたような気になる。

電車に乗ると、目を細めて、ぼーと周りを見る。そのとき気になったモノに意識を集中する遊びをしている。

先日は、椅子に座り化粧する若い女性が気になった。化粧することがではなく、その女性の何かが気になった。

すると、松葉杖をついた年配の女性が乗ってきた。席は一杯である。

化粧の女性は、化粧を続けている。「どうするかな」と、薄目で、気を送った。

その子は、一通り化粧を終え、さっと立ち上がり、「かわりましょう」と云ったように感じた。

松葉杖の女性は「すぐ降りますから」と、口が動いたように感じた。二人は、顔を見合わせて少し笑った。そして、若い女性は、再び座り、携帯を取り出した。

他の乗客には関係ないように見える二人だけど、関係ができたことを知っているのは、薄目で帽子をかぶった僕だけ。

|

« 福祉的甘え | トップページ | 自殺統計 »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/9878092

この記事へのトラックバック一覧です: 帽子の効果:

« 福祉的甘え | トップページ | 自殺統計 »