« 正座をして聞く | トップページ | スーパーバイザー »

2006年2月23日 (木曜日)

笑う母

姉妹の連れ合いが亡くなった日、母は葬式で大声で笑う。

男6人、女6人の12人兄弟の末子として生まれた。男の兄弟は全て戦死。残った女6人姉妹は仲良く戦後を生きてきた。

息子のボクも、親戚が多かったこともあり、時に家族ごと親戚の二階に居候となり、従兄弟たちは十数人になるので、きょうだいのように遊んだ。

母の姉妹の連れ合いが、歯が欠けるように、ここ数年で亡くなった。末っ子の母親は、一人ひとりを看取り、兄、姉の介護に生きがいを見出して、姉妹の家に入り浸るようになった。

次から次に介護に家事に飛び回り、暗い家を明るくして回っていた。

根っからの江戸っ子と自称することもあり、誰とでもすぐに打ち解けてしまう性格は、バイタリティーに溢れている。

数年まえ、うつになったと落ち込むこともあったが、人の世話ができる事が生きがいであることもあり、最近はあちこちで当てにされるようになってから、すっかり元気になった。

葬式でも変わらない。

しんみりした席になると、余計に騒ぎ出す。酒を飲む。人をたたく、大声で笑う。トイレに立つと突然その場がしんみりする。

トイレの方から笑い声が聞こえてくる。

笑いながら泣いている。

|

« 正座をして聞く | トップページ | スーパーバイザー »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/8805858

この記事へのトラックバック一覧です: 笑う母:

« 正座をして聞く | トップページ | スーパーバイザー »