« シンクロ記事の訂正 | トップページ | ケアマネタイム »

2006年1月18日 (水曜日)

災害弱者

通勤途中にラジオを聞いている。

今夜は、「ジャム・ザ・ワールド」という番組を聞いていた。

一人暮らしの女性は、高齢者と同じように災害弱者だという。

「いつ襲ってくるか分からない地震や洪水などの災害。一人暮らしの場合、そうした災害に見舞われても、自分一人で対処しなければならないわけですが、そうした大きな災害が起きた時、特に都会で一人暮らしを続ける女性を対象とした対策が進んでいない事が問題となり始めています。
そこで今夜は、一人暮らしの女性を中心とした助け合い組織「緊急時災害セーフネット」の主宰者でNPO法人「スリーエス・ネットワーク」代表の松原惇子さんをスタジオにお招きして、災害時の一人暮らし女性の対策について」のインタビューだった。

松原さんはきっぱりという。「政府には期待しません」と

さらに、災害時、「助けてもらおうと考えるから」何もできない。災害時に「あの人を、私が助けなくちゃと思ったら、がれきの下敷きになんかなっていられない」と。

誰かに助けてもらうためのネットワークではなく、誰かを助けるために、自らを助けるネットワークというのはすばらしいなーと思った。

ところで、男の一人暮らしは、大丈夫だろうか。

|

« シンクロ記事の訂正 | トップページ | ケアマネタイム »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160222/8223795

この記事へのトラックバック一覧です: 災害弱者:

« シンクロ記事の訂正 | トップページ | ケアマネタイム »